ウォーターサーバーのビジネス

バナー

ウォーターサーバーのビジネス

ウォータサーバーのビジネスは、家庭、オフィスなどにサーバーを設置してもらいタンクに入った水を販売して成り立つビジネスです。


このビジネスで問題となるのが水の配送です。


お客からの注文に対して、翌日、または、指定日時に配送することが必要となります。



いきなり、新規参入の会社が行えるビジネスではありません。



家庭、オフィスなどの発注は1個単位になります。
12リットル、1ガロン(約19リットル)の水を配送します。ですので、小口に配送できるノウハウを持った会社がいいでしょう。
先行している会社は、プロパンガスの会社であったりします。

タンクは再利用できるものではあれば引き取りも必要となります。

しかし、普通ごみとして廃棄可能なビニールの袋でしたら引き取りの必要もありませんので配送だけですみます。



後発の飲料メーカーでしたら、配送は宅配業者に委託する方法を選択しました。諸外国では飲料用の水はウォーターサーバーを利用する家庭が多いため、ウォーターサーバーの水配送のビジネスが成り立ちますが、日本では水配送だけではまだまだ成り立ちません。
ですので、主たるビジネスがあり、その副産物としてウォーターサーバーの水配送ビジネスができるようでしたら採算がたつかも知れません。

日本でも水を購入する人は増えてきております。

更なる需要が望めるビジネスですので、新たな水のビジネスモデルが確立すれば、起業したりする人も増えるでしょう。