料理上手な人にこそウォーターサーバーを使ってほしい

バナー

料理上手な人にこそウォーターサーバーを使ってほしい

料理が得意という人は水にもこだわっていることが多く、ウォーターサーバーの使用率も高いようです。

美味しい料理を作るなら美味しい水を使うべきということでしょう。ただ、水も種類がありますから使い方を考えなければなりません。


シチューを作る時や煮込み料理などはスネ肉など固い部位の肉を使います。


スジが多く、長時間じっくりと煮込まないと噛みきれません。



その反面、煮込んでスジが柔らかくなれば味わいのある、とても美味しい料理に仕上がるのもスジ肉のよいところです。
このスジ肉を調理する際に、硬水を使うと柔らかくなり美味しくなることがわかっています。


普段から硬水を飲用する人も増えていますが、料理にも用途があるのです。また、硬水はお茶やコーヒー、紅茶を入れる時に使用するととても美味しくなります。



日本は自然の地下水が軟水ですから、軟水としての美味しさに慣れています。

一度、硬水で入れたお茶を飲んでみると、その深い味わいに驚くことでしょう。



用途によって水を換えると生活が一変します。

料理が時な人にとっては、ウォーターサーバーはすぐに温水が使えることくらいがメリットで、その他にはあまり特異点がないと感じるかもしれせん。

しかし、これまで以上に料理の幅が広がったり、何気なく使っていた水に対する考え方が変わることでしょう。ウォーターサーバーで軟水と硬水の使い分け、料理の味がワンランク上にあがるのであれば、これを使わない手はないでしょう。